求人数は少なく早い者勝ち?老健医師の年収と必要なスキル

老健医師の仕事内容

介護老人保健施設、いわゆる老健には医師の常駐が義務付けられているため、今後の高齢化社会の加速に伴い老健施設が増えれば増えるほど、そこで働く医師のニーズも増加することになります。

老健はリハビリなどを通じて高齢者などが自宅で生活できるよう促す施設です。それを目的としたリハビリ計画や入居者に対する診察等を、勤める老健医師が行うことになります。

老健医師の多くは、施設長として働くことになるでしょう。施設長として共に働く看護職員や介護職員、理学療法士などのリハビリ専門スタッフへと、入居者それぞれに対応するための指示や指導を行うことが老健医師の仕事であり役割となります。

ただ、病院などの医療機関と比べ医師と職員の関係は比較的近く、チームワークを重視し運営がなされる傾向があります。チームとして職員たちをまとめ、職場環境や入居者の感じる居心地などを良くすることも、老健医師の重要な役割と捉えておくべきでしょう。

老健医師の年収について

介護老人保健施設に勤める医師の年収は、おおよそ1,200万円から1,300万円となっています。あくまでも平均年収のため、施設等により大幅に上下することがあります。

ただ、年収が1,000万円を下回る求人は多くはありません。ほとんどがその額を超える年収を提示しており、中には1,500万円や1,600万円を超える年収額の求人もしばしば見られます。

勤務医と比較するとさほど高くは感じないかもしれませんが、老健医師は勤務時間が定められていることが多く、時間外労働がないにもかかわらず1,200万円から1,300万円ほどの年収を得ることが可能です。それを考えれば、決して悪くはない数字でしょう。

中堅〜ベテランのキャリアを持つ医師が求められる傾向にある

既に触れていますように、老健医師は施設長として迎え入れられることが多くなっています。他の職員をまとめる役割を担い、加えて施設に入居する人は高齢者が多いため、求められるのは中堅からベテラン程度のキャリアを持つ医師である傾向があります。

老健医師は入居者の体調の変化に敏感でなければいけません。施設内にいる全ての人に対する高いコミュニケーション能力も求められます。責任感も欠かせませんし、あらゆる事態に対して適切に且つ迅速に対応する能力も不可欠です。

このような適性を考えれば、ある程度臨床現場で経験を積んでいる医師のニーズが高くなるのも当然のことでしょう。

若い医師では採用されないとは言いませんが、同時に経験豊富な医師からの応募があれば、後者が優先されることは間違いありません。裏を返せば、応募時には経験をアピールすることで採用されやすくなるとも言えます。

求人数が少ないため好条件の求人を見つけたら早めに

介護老人保健施設の求人は常に存在こそしてはいますが、数自体はそこまで多くはありません。病院や診療所と比べれば圧倒的に少ないのが現状です。今後増えてくることは期待できますが、その分老健への転職を目指す医師も急増すると予測されるため、競争率の上昇も避けられないでしょう。

既に多くの中堅からベテランの医師が老健への転職を目指している現状があります。私のところにも同様の相談が多く、最近は特に老健を紹介して欲しいという具体的な相談も増えてきました。

当直やオンコールがなく勤務時間が定められている、にもかかわらず勤務医と同等かそれ以上の年収を得ることができるとなれば、転職を検討する多くの医師の狙い目となるのは必然なのかもしれません。

もし医師を募集する老健施設の求人を見かけたら、できる限り早めに応募なり問い合わせなりすべきでしょう。老健の空きはすぐに埋まってしまうため、もしこの仕事に魅力を感じるのであれば躊躇せずに行動に踏み切るようにしてください。