都市部よりやりがいあり?医師が地方へ転職するメリット・デメリット

医師が地方へ転職するメリット

医師の転職先として人気が集中しがちなのは、やはり都市部の医療機関です。確かに都市部には多くのメリットがありますが、地方にメリットが一切ないわけではありません。

現在は都市部への転職へと気持ちが傾いているとしても、地方への転職のメリットを知っておくことは無駄にはならないでしょう。

都市部よりも給与が高い・高待遇

医師の平均年収を都道府県別に算出してみると、都市部よりも地方の方がよりそれが高い傾向が見られます。給与額だけではなくあらゆる待遇面が都市部よりも優遇されているのです。

もし転職の動機として年収の増加を挙げているのであれば、地方への転職は意義のあるものとなるでしょう。

地方の医療機関の求人で高額の年収が提示されている理由は、医師が不足しているためです。事実、人口あたりの医師数の少ない地域では高待遇案件が出ていることが多く、そうしなければ十分な数の医師を確保できない現状があります。

一つの社会問題がこのような状況を生み出しているわけですが、高額の給与や高待遇を手に入れられるだけではなく、医師の偏在解消へと繋がる決断であるとも考えれば、地方への転職はさらに大きな意味を持つことになるのではないでしょうか。

条件交渉にも応じてもらいやすいため、求人内容よりも高待遇で転職できる可能性もあります。

物価や居住費用が安い

都市部と比較して、地方は物価が安い点に一つの魅力があります。

特に違いが顕著なのが居住費用です。家を借りるにしても購入するにしても、地方は都会と比べ物にならないほど安く、居住費用に関しては最小限に抑えることが可能です。

これにより他の消費へと給与を回すこともできますし、貯蓄額も都市部で生活するよりも増やすことができるでしょう。

子育てのための貯蓄もできるかもしれません。将来独立しクリニックを開業しようと考える医師にとっては、そのための資金も増やすことができるのです。

物価が安ければ普段の生活にかかる費用も抑えることができます。家族がいれば、より負担を減らすことができるため、生活面を考慮した際にも地方へと転職するメリットは見出せるはずです。

昇進がスムーズ

医師が不足している地域へと転職するということは、それだけ多くの仕事や重い責任を任されるということです。忙しくなる可能性も考えられますが、しかしその分、昇進やキャリアアップが都市部よりもスムーズに進むことが期待できます。

都市部ではライバルも多く、時には激しい競争も伴わなければ自らの地位を上げることや確立することができません。地方ではそのような競争は起きづらく、医師不足が顕著なエリアや医療機関では、空きのあるポストに転職後即登用というケースも出てくるでしょう。

重要なポストを与えることで離職を防ぐという意味合いもあるようですが、昇進はそのまま給与アップへと繋がるため、年収にこだわる医師であればメリットと捉えることができるのではないでしょうか。

医師が地方へ転職するデメリット

地方には地方の問題があり、医師が転職することでそれをダイレクトに感じる場面も出てくるでしょう。

多くの転職者に当てはまるであろう地方で生活することのデメリットをいくつか挙げてみます。

交通の面で不便

交通インフラが整っていない地域もまだまだあります。日本は比較的道路などが整備されてはいますが、廃業する鉄道会社もないわけではなく、バスの路線も廃止されてしまったり、あるいは鉄道やバスが走っていたとしても本数が極端に少ない地域も多くあります。

こうした交通の面での不便は否が応でも感じざるを得ないでしょう。

地方では、自動車の所有が不可欠となります。自動車を運転できなければ日常生活で不便を強いられることは間違いありません。

医師は研究会や学会などにも顔を出す必要が出てきますが、このような時にも不便さを感じることになるでしょう。

一見医師の仕事とは関係なさそうに見える交通インフラの未熟さですが、生活することでそれを感じればストレスとなるリスクもあります。都市部での生活に慣れた人にとっては、思いの外大きなデメリットとなりそうです。

同僚医師が少ない

医師免許を取得した後、市中の病院で研修を受ける医師も増えてきてはいますが、多くは大学病院で研修期間を過ごすことになるでしょう。その後医局で働き、転職により地方へと移った時に感じるのが、同僚医師やこれまで共に切磋琢磨してきた仲間の存在の大きさです。

地方の病院へと転職することでそうした存在がいなくなれば、励まし合うことができない、相談する相手がいない、技術を磨き合える仲間がいない、などということになりかねません。

これは医師としてのスキルアップが難しくなることもさることながら、精神的な苦痛や、そこまでではなくても空虚感や不便さを感じる医師も出てくるのではないでしょうか。

特に大学病院にこれまで勤めてきた医師にとって、この状況の変化には大きな影響を受けざるを得ないでしょう。また、地方の医療機関へと転職することで、新しい医療技術や多くの症例と距離を置くことにも繋がりかねません。

そうした点に懸念を感じるようであれば、地方への転職は慎重に決断する必要が出てきます。

家族が暮らしにくくなる

交通インフラが整っていない地域への転職は医師自身も暮らしにくさを感じるでしょうが、それと同時に家族も暮らしにくさを感じることになるでしょう。

買い物、通勤、通学などに時間がかかり、小売店や学校などの選択肢も極端に狭まる可能性があります。

都会の喧騒から離れられるとポジティブに捉えられる家族であれば問題はありませんが、都会の生活に慣れている人が地方へ転職するケースでは注意する必要が出てくるでしょう。

医師自身の考えのみで決定するのではなく、必ず家族とも相談しながら、転職先や転職そのものについて決断を下すよう心がけなければいけません。

 

都市部と地方の違いやメリットデメリットなどをご理解いただいたところで、こちらの「転職するまでの具体的な流れや様々な方法を紹介」したページもぜひご覧ください。あなたの転職活動のお助けになると思います。