その転職理由は十分ですか?医師が転職を考える理由まとめ

医師が転職を考える主な理由

転職の二文字が頭に浮かんだ時には、少し冷静になりその理由を考えてみましょう。理由により、目的も変わってきます。目的が変われば転職活動の方法や転職先の選定も変わってくるのです。

また、医師が転職を考える主な理由を知ることで、自分自身の考えや動機が正しいか否かも判断しやすくなるでしょう。

家庭の事情

家庭を持つ医師も少なくありませんが、この家庭の事情により転職を検討する医師も非常に多くなってきています。昨今では特にその傾向が顕著で、医師の転職理由で最も多いのが、この家庭の事情によるものなのです。

  • 子供の教育環境を整えるため
  • 買い物や通学、通勤が便利な場所で暮らすため
  • 家族と一緒に過ごす時間を増やすため
  • 家庭の事情を理解してくれる職場で働くため

妻や夫など配偶者の要望により転職する医師もいますし、特に子供ができればそちらを優先させたいと考える医師が増えることから、教育だけではなく育児のしやすい環境へと生活拠点を変えたいと願い、転職に乗り出す医師も少なくありません。

職場環境や人間関係の改善

医師であっても当然ストレスは溜まりますし、それから逃れるために転職を検討し始めることはあるでしょう。職場環境や人間関係を改善、あるいは清算したいと考えれば、転職も選択肢の一つになってきます。

  • 長時間労働や当直、オンコールのない職場で働くため
  • 上司や同僚との折り合いが悪いため
  • 医局独特の上下関係やヒエラルキーから脱するため
  • 医療機関の方針などに納得できないため
  • 院内環境が悪くトラブルも多いため

職場環境や人間関係というものはなかなか表には出てこないものです。その人のみが感じているケースも少なくありません。しかし、診療を含めた仕事に集中したいと考えれば、また、現状のままでは成長や出世がないと考えれば、転職も視野に入れるべきでしょう。

給与への不満

待遇への不満を理由に転職する医師もいます。このような理由で転職を考えるのは医師としてどうか、と医師自身が考えてしまうこともあるようです。しかし、コンサルタントをしていると、この理由で転職を希望する医師はむしろ多数派であると実感できます。

特に、勤務時間や業務内容と報酬が見合っていないことに悩む医師が多くいます。やりがいは感じるけれども、年収額に納得がいかないという医師も少なくありません。

子供が増えたりや家族の介護があったりなどで年収を上げたいと考える医師もいれば、転職してみたはいいが、当初提示されていた条件とは異なる待遇しか受けられていないという理由から、再度転職したいと考える医師もいます。

事情はどうあれ、給与への不満が転職の理由になることは全く問題ありません。そこにさらに具体的な理由があれば十分動機となりますし、転職活動のモチベーションにも繋がるでしょう。

スキルアップ

医師としてのスキルを上げるために転職を試みることは、非常に有意義な動機となり得ます。

  • より多くの症例に触れたい
  • 新しい分野に挑戦したい
  • 有名医師の元で働きたい
  • 最先端医療を提供する病院で学びたい
  • 独立を実現するために診療所で経営についても学びたい

同じ医療機関にいれば、同じようなことしかできません。出世には繋がるかもしれませんが、知識やスキルを増やすという意味では、様々な医療現場で臨床経験を積んでいくほかないでしょう。

大したことのない理由だと転職先でもまたつまずく

転職の理由を改めて考え見つめ直すことで、転職も成功しやすくなります。転職の成功とは、転職後の満足度を上げることを意味し、転職先が決まることのみでは成しえません。

転職の理由が曖昧であったり一時的な感情によるものであれば、例え職場を変えることができたとしても、転職後の満足度を上げることは難しいでしょう。転職前に丁寧にその理由を掘り下げ、自身のキャリアにとって転職が有効な手段であるか否かを見極めるべきです。

現在の悩みやトラブル等が、転職により全て解決するとも限りません。安易に職場を変えることを目指すのではなく、そこに確かな理由と目的を見出し、長い目でみた上で転職を決意しなければならないのです。